SALON INFO >

炭酸泉とは?

炭酸泉photo

炭酸泉とは、炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んだお湯の事です。
中でもお湯1ℓに炭酸ガスが1g(1000ppm)以上溶けたものは特に効果が高い療養泉として医療の分野でも大変注目されています。
お湯に溶けた炭酸ガスは皮膚を通り抜けて皮下の毛細血管に入って行きます。すると脳が酸欠と察知し、毛細血管に流れ込む血液の量を増やすため、血行や新陳代謝が促進される効果があります。
この炭酸泉は、美容室での施術においても様々な場面で効果を発揮します。Roomで導入している炭酸泉も中空糸膜方式により1000ppmの濃度を実現しています。
シャンプー時に使用する事で、シャンプーだけでは落ちきれない頭皮の汚れや髪に残留している古くなったシリコンやポリマー等の酸化物を除去する効果があります。
素髪に戻る事により、その後に使用するトリートメントの浸透、定着が良くなるのみならず、パーマやカラー等の薬剤も的確に作用しやすい状態になります。また、パーマの中間処理や後処理、カラーのシャンプーの際に使用する事で残留薬剤を除去しアフターダメージを防ぎ、髪や頭皮の臭いも取り除いてくれます。
Roomでは2011年3月よりパーマー・カラー・トリートメントの全メニューにこの炭酸泉をプラス料金¥0で使用しております。