宮古そば

志木店 桑田です。

先日3年ぶりに宮古島に行ってきました。

3泊4日でしたが昼食は毎日人気のお店でそばを食べましたdelicious.gif

普段は1日1食で夜しか食べない私ですが、旅先では別です。

滞在期間の宮古の海は午前中は干潮だったこともあり、大好きなシュノーケリングは潮が満ちてくる昼過ぎにやることにして、お店の開店時間に合わせて朝食を兼ねた早めの昼食です。

人気の店はすごく並ぶので、開店前に行って並ぶと1回転目で入れますgood.gif

初日は空港に着いたその足で「伊良部そば かめ」に行きました。

1番人気の「かめそば」を注文しましたが、とても美味しかったです。

あっさりした中にも出汁の旨みがしっかりしていて宮古そばの王道という感じでした。

2日目は宮古に行くと必ず立ち寄る大好きな丸吉食堂に行ったもののなんと臨時休業coldsweats02.gif

気を取り直してスタッフの浅沼に教えてもらった「キッチンみほりん」に向かいましたdash.gif

こちらでは看板メニューの「冷やし宮古そば」をいただきました。

「沖縄そば」としては変り種ですが、大根おろしが合っていてさっぱりと美味しく、暑い日には最高でした。

そして3日目、ついに待ち望んだ「丸吉食堂」ですsign01.gif

いつものシンプルな「宮古そば」です。

このお店のスープはニンニクが効いていてパンチのあるお味です。

こちらの宮古そばは昔ながらの提供スタイルで、一見具なしそばに見えますsweat01.gif

ところが、食べ始めると麺の下から具が出てきますflair.gif

具材は沖縄本島のそばと同じく三枚肉とかまぼこです。

具を麵の下に入れる理由は諸説あるのですが…

具の美味しさを保つためという説だったり、きびしい年貢の取り立てから逃れるために、具ものせられないくらい貧しく見せるため…等、他にもいろいろありますwhatever.gif

それから宮古そばは薬味にカレー粉を用意しているお店もあります。

七味唐辛子、コーレーグース、カレー粉といろいろ味変しながら楽しめます。

ちなみに沖縄本島ではトッピングに紅しょうがを入れるのが一般的なようですが、宮古では使わないそうです。

沖縄そばも地域によって特徴があるので奥が深いですdelicious.gif

最後にこちらは毎回訪れる大人気の居酒屋「でいりぐち」さんで夕食の時の一皿「宮古そばのイカ墨焼きそば」です。

これも絶品でした。

また来年も行きたいと思います。

記事をシェアするShare on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+
Tweet about this on Twitter
Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

PR

カレンダー

    2024年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    2526272829  

月間アーカイブ